2018年10月 9日 (火)

医療・国保・介護について決算特別委員会保健福祉局質疑で質問~2018.9.4

9月4日決算特別委員会・保健福祉局質疑





9月4日におこなった決算特別委員会・保健福祉局質疑の動画と質問です。


1.市民のいのちを守る地域医療体制について
 ①兵庫県済生会病院について
 ②小児救急医療体制について
2.国民健康保険料について
3.介護保険料について

Dsc_0743

1.市民のいのちを守る医療体制の充実について
 はじめに市民のいのちを守る医療体制について2点お伺いします。
 ①北区済生会兵庫県病院について
 まず、北区北神地域の医療体制についてお伺いします。
 北区北神地域は、区役所が新設されるなど人口増の地域です。
 そこで、医療の中心を担っている公的病院・中核病院が268床の済生会兵庫県病院です。
 周産期母子医療センター、小児救急、無料低額診療や生活困窮者などの支援もおこなっている地域になくてはならない病院です。
 しかし、最近、全国的に近隣の公立病院の同士の統合、公立病院と民間病院との統合などがあちこちでおこなわれているなかで、三田市では、神戸大学病院院長や兵庫県病院局長も委員として参加する「(三田)市民病院の継続的な経営に関する審議会」を設置し、8月7日におこなわれた第3回の審議会では、「三田市民病院の民営化と医療圏域を超えた近隣病院との統合が必要である」ということで意見が一致とお聞きしました。
 これまでの経過を見ても、三田市の考え方は地域医療圏域をのり超え、北区の済生会兵庫県病院の病床を三田に持っていき、三田市に500床規模の新病院を建設するという計画です。
 こんな計画は絶対に認めないと明言していただきたいのですが、いかがでしょうか?
 ②小児救急の危機打開と充実について
 次に、小児救急体制の危機打開と充実についてお伺いします。
 小児科を標榜する市内病院は、この10年間で32病院から25病院と7病院減少、小児救急を担う輪番病院は、3次救急の神戸大学病院、中央市民病院、県立子ども病院の3病院を除き、14病院から6病院と大幅に減少し、灘区、兵庫区、垂水区では輪番病院は皆無になっています。
 2008年にも、小児救急医療体制が危機的になり、小児救急医療体制検討会議がもたれ、HAT神戸に「神戸こども初期急病センター」が設立されました。
 現在の小児救急体制の危機打開のために、検討会議を開催するとともに、医師確保に向けて神戸市として支援をおこなうべきだと考えますがいかがでしょうか?
2.国民健康保険について
 次に、国民健康保険についてお伺いします。
 今年から国民健康保険の都道府県単位化がおこなわれ、制度が大幅に変わりました。
 神戸市は、保険料の劇的な値上がりを抑えるために、こども、障害者、寡婦の人的控除の存続と値上がり率を15%に押さえる「激変緩和」をおこないました。
 この「激変緩和」は、国保世帯全体の93.8%にも及んでいます。
 「激変緩和」措置がなければ、新たな制度では大幅に保険料が上がるということになるのかお伺いします。
3.介護保険について
 最後に介護保険についてお伺いします。
 2000年から始まった介護保険制度は、3年に一度事業計画を見直し、現在第7期の介護保険事業計画がおこなわれています。
 年額の介護保険料の標準額は、2000年の3万7644円で、現在の2018年では7万5120円となり、約20年間で当初の約2倍になりました。当初から兵庫県下で一番高い保険料となっています。
 国の試算でも2025年には年額10万円近くなり、神戸市は全国平均より高い保険料が続いていますので、10万円を超えると予想されます。
 この介護保険料について、局長はどのようにお考えですか。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月21日 (金)

【動画】豪雨・台風被害の対策等についての議案質疑~2019.9.18

9月18日の豪雨・台風災害等についての議案質疑の動画がアップされましたので掲載します。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月19日 (水)

豪雨・台風被害の対策について議案質疑~2018.9.18

Dsc_0910



9月18日から9月定例市会(決算議会)が始まりました。
7月豪雨災害や台風被害に対する補正予算案など3議案について、18日議案質疑をおこないました。


冒頭の質問を紹介します。数日で録画がアップされます。

 日本共産党の森本真です。私は、日本共産党神戸市会議員団を代表して、ただいま上程されました議案の内、第66号議案 神戸市民の住環境をまもりそだてる条例の一部を改正する条例の件について、第67号議案 公有水面埋立承認について意見を述べる件について、および補正予算案~災害被害を踏まえた緊急対策について、市長に対して、質疑します。

①垂水区名谷町社谷の開発について
 まず、第66号議案は、垂水区名谷町社谷地区の緑豊かな丘陵地を宅地開発しようとするものです。
 神戸市環境保全評価審議会の答申では、「山林等の自然地が大半を占める地域であり、事業の実施に伴い既存の自然生態系の大部分が消失することになる」と指摘しています。
 緑豊かな自然と稀少動・植物が生息している可能性もあり、開発はやめるべきだと思いますがいかがでしょうか?

②湾岸線建設にともなう六甲アイランド南の埋立について
 次に、第67号議案は、阪神高速大阪湾岸道路西伸部の建設に伴い排出される浚渫(しゅんせつ)土砂等を国が直轄事業として、六甲アイランド南地区に埋め立てをすることを承認しようとするものです。
 巨額の費用がかかる湾岸道路の建設も含め、不要な工事で排出される土砂等の受け入れを前提とした計画は承認できません。ご見解をお伺いします。

Dsc_0958



③補正予算案~災害被害を踏まえた緊急対策
 最後に、補正予算案の災害被害を踏まえた緊急対策について、お伺いします。
 6月の大阪北部地震、7月の豪雨災害、台風18,19、20、21号の襲来、北海道胆振(いぶり)東部地震の発生など、この間、神戸をはじめ全国各地で災害・被害が広がっています。
 今回の緊急対策では、ブロック塀等の撤去補助、7月豪雨、台風関連での復旧事業等について、予算が付いています。度重なる災害の被害を受けた被災者に対して、この補正の金額・施策で、良いのかと考えます。
 たとえば、兵庫県被災者生活再建支援金制度では、実際に大きな被害を受けた被災者への支援として不十分ではないかと考えます。
 神戸市として、国へ支援拡充を要望するとともに、被災者支援制度のさらなる拡充をすべきだと考えますがいかがでしょうか?

 以上、簡明な答弁をお願いします。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月19日 (土)

中国5日目②(歓迎晩餐会)












成都友好都市フォーラムの最後は、夕食晩餐会。

昨年のようにパンダや川劇はありませんでしたが、四川料理の試食会や名産物やパンダ🐼関連グッズのプレゼント🎁がありました。
謝謝

| コメント (0) | トラックバック (0)

中国訪問5日目①(姉妹都市市長交流会)




5日目の今日は、午前中が参加都市の自己紹介。
39の地方・自治体の市長などが参加しています。
各都市3分厳守。


神戸は、平野日中友好議員連盟会長が、成都市との共通点として、パンダ🐼、震災、三国志などを紹介。
女性司会者(左隣)から面白いと評価を受けました。






午後からは、カナダ、ドイツ、オーストラリア、イスラエル、アイルランド、イギリスからの取組みの紹介が詳しく(各都市20分)行われています。

| コメント (0) | トラックバック (0)

中国訪問4日目②(成都パンダ基地・錦里、火鍋)







午前中の開会式を終えて、午後は成都パンダ基地に。

パンダは、暑い気温が苦手で、朝行動し昼から睡眠!
行く場合には朝が必須。
寝ているパンダ🐼が多かったですが、20頭見れました。






夜は、武侯祠博物館のはからいで、博物館横の錦里で火鍋。変面のショーもありました。




| コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月18日 (金)

中国訪問4日目①(2018成都国際イノベーション交易会)




4日目は、2018成都全球創新創業交易会開会式。
成都市書記や市長を始め、友好都市の市長などが参加しています。また、これも含めて19の会合・催しが行われています。













そのあとは、「緑の道」「新天府(新しい町)の国際科学城」を見学。

今から、成都パンダ🐼基地へ行きます。


| コメント (0) | トラックバック (0)

中国訪問3日目(成都・武侯祠博物館)



北京空港から成都に移動。飛行機が1時間程遅れたので、直接武侯祠博物館へ。
李副館長など顔なじみのみなさんとの懇談会。
話の中身は、秋におこなう三国志国際シンポジウムの話。
開催に向けて難しい課題がたくさんありますが、ひとつひとつ解決して、成功させたいと思います。




| コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月17日 (木)

中国訪問2日目② JETRO・クレア訪問



2日目の午後は、JETRO(日本貿易振興機構)北京事務所で、現在の中国経済の状況についてレクチャーを受け、



その後、同じビルにあるCLAIR(日本国自治体国際化協会)で、中国における自治体の取り組みについてレクチャーを受ける。




| コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月16日 (水)

中国訪問2日目(中国野生動物保護協会訪問)

中国2日目の午前は、パンダ🐼を所管している中国野生動物保護協会との懇談会。




詳細は、おって報告しますが、意義ある懇談でした。




| コメント (0) | トラックバック (0)

«中国訪問1日目(北京)