« 2017年7月 | トップページ | 2017年9月 »

2017年8月

2017年8月28日 (月)

市長に対して、自民党政務活動費不正問題で、刑事告訴することを申し入れ~日本共産党神戸市会議員団

Dsc_0339

 本日午前におこなわれた会派代表者会議で、「明日辞職願を提出すること、印刷費は返金する、いずれ説明責任を果たす。」との橋本健議員からのコメント(自民党団長の電話聞き取り)が、自民党団長からありました。
 しかし、不正をおこなった事実はコメントには載っていません。

 不正のやり方として「自民党神戸」の採択起訴された3名の手口と似かよっており、市議会として100条委員会の設置による真相解明とともに、税金が不正使われた神戸市として、神戸市長が虚偽有印公文書作成・同行使、詐欺などによって被害を被った告訴権者として、直ちに刑事告訴することを求めることを市長(市長室長)に申し入れました。


(以下、申し入れの全文)




神戸市長

久元 喜造 

 

自由民主党神戸市会議員団の政務活動費不正受給問題についての申し入れ

 

 2017 8 28

 日本共産党神戸市会議員団

 団長 森本  

 

神戸市議会の自由民主党神戸市会議員団が、2010年から2014年まで発行したとされた市会報告について、架空の領収書を作成し720万円もの政務活動費を不正受給したことが明らかになりました。

本日、関与した橋本健市議は、辞意を表明し、全額返金する意思を表明しました。しかし、政務活動費の支給先である自由民主党神戸市会議員団の安達和彦団長は、代表者会議で「除名に値するが、団として説明責任があるので調査をしたい」と発言。会派として政務活動費の収支報告書の訂正と金銭返還の意思を表明していません。

 

現時点において、自由民主党神戸市会議員団と橋本市議は架空の領収書を業者に依頼し、実際に支出していない費用を支出したように装い、内容虚偽の政務調査費及び政務活動費にかかる収支報告書を提出し、財産上不法の利益を得たことが明らかです。

同様の手口をおこなった岡島、梅田、竹重氏は、神戸市会が刑事告発し、詐欺罪として起訴されるまで長い時間がかかりました。

神戸市長が、虚偽有印公文書作成・同行使、詐欺などによって被害を被った告訴権者として、直ちに刑事告訴することを求めます。

 

 

神戸市長として橋本健市議をはじめ自由民主党神戸市会議員団の関係者、不正受給に関与・関係した人たちを、ただちに刑事告訴すること。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月25日 (金)

自民党・橋本健議員の政務活動費不正疑惑で、議長に申し入れ

Dsc_0327

 昨日今日のニュースで報じられているように、自民党・橋本健議員の政務活動費不正疑惑が深まっています。
 日本共産党神戸市議団は、議長に対して、①100条調査権を付与した委員会の設置と関係者招致による事実の徹底解明、②不正の事実が明らかになれば、議員辞職勧告決議を、と申し入れを行いました。

(以下、申し入れの全文)

 

2017 8 25

神戸市会議長 北川 道夫 殿

自由民主党神戸市議団と橋本市議の政務活動費の不正支出疑惑についての申し入れ

   日本共産党神戸市会議員団

                   団長  森本  

 824 日、自由民主党神戸市会議員団及び橋本健市議より発注・作成された市会報告「ハシケン通信」について、領収書に記載されている業者が代理人を通じて「橋本市議から、実際には印刷の仕事をしないのに請求書と領収書だけ発行してほしいと頼まれて渡していた」「デザインを含めて印刷には関与していない」とのコメントを発表しました。

 自民党市議団の市会報告「ハシケン通信」は2010年から14年度までさかのぼれることが可能な5年間だけでも720万円の政務活動費の支出がなされています。23日の代表者会議では、自民党市議団の安達和彦団長は、市会報告の架空発注報道を否定し、領収書と市会報告のコピーを提出しており、橋本健市議も同日取材に架空発注を否定しています。

 自民党市議団が公開した市会報告「ハシケン通信」について、報道では50万部の作成に対して市民が目にしたとされる証言が乏しく、また内容や取り扱い方についても、疑義がうまれています。業者のコメントが事実であるとすれば、会派と議員いずれも虚偽報告を議会と市民におこなったことになり政治的責任は極めて重いものです。

 この2年来、大野一市議の政務活動費不正使用、岡島亮介、梅田幸広、竹重栄二、3市議の詐欺容疑による起訴など、いずれも神戸の自民党籍をもつ神戸市議による不正行為・詐欺によって市民の信頼は著しく損なわれています。

 政務活動費は会派支給であることから自由民主党神戸市会議員団としても、不正支出疑惑について、議会の場での真実を明らかにし、説明責任を果たすことが求められています。

 よって、議会としての緊急対応をあらためて以下申し入れますので、対応していただきますようお願い申し上げます。

 

1.百条調査権を付与した公開の特別委員会を設置し、橋本健市議、当時の団長及び会計責任者、業者など関係者を招致して、事実を明らかにすること。

2.不正が明らかになった場合、直ちに、神戸市会として関与した市議に辞職勧告決議をあげること。 

                      以上

 

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月 3日 (木)

本日おこなわれた神戸市会代表者会議の概要について

Unnamed


本日(8/3)午前中に神戸市会代表者会議が開催されました。
代表者会議は、議長、副議長と交渉会派(5名以上の会派・自民・公明・共産・民進こ・維新)の団長、今回は非交渉会派(発言権なし、民進・新社・無所属)も出席しました。
神戸市会事務局からの概要は、以下の通りです。

 政務活動費の問題に関して,7月 27 日に岡島議員,たけしげ議員,梅田議員の3名が 詐欺罪で起訴されたことを受け,その対応について協議するため,本日代表者会議が開催 されましたので,その概要についてお知らせいたします。

1.不正流用事件について 議長から,政務活動費の問題に関し,3議員が起訴された後の状況について,以下の 報告を行った。
【返金について】
 ○7月 31 日(月)にたけしげ議員より 6,564,719 円,梅田議員より 6,845,754 円を起 訴額相当として全額一括で返還されたこと。
 ○岡島議員については,返還の意思はあるが,金額について疑義があるため改めて説 明したいとされていること。
【今後の進退について】
 ○梅田議員は,関係者へのあいさつ終了後,地蔵盆あたりを目途に辞職を考えている こと。
 ○岡島議員は,8月 21 日の週を目途に辞職を考えていること。 ○たけしげ議員は,今しばらく考えたいと,辞職の意思は示されていないこと。

 以上の報告を受け,今後の対応について協議を行い,未だ進退を明確にしていないた けしげ議員に対して進退を明らかにすることを求めることとし,明らかにされない場合 は,8月 10 日(木)に全体議員総会を開催し,たけしげ議員に対する辞職勧告決議を行 うことを確認した。

2.橋本議員の件について
 ○自由民主党より政務活動費の支出内容には問題はなかったが,政務活動費で選挙の応 援をしたと市民の方から誤解を招く恐れがあるということで該当分の返還を行い、報 道機関にも説明を行っていること。
 ○橋本議員に関する報道については,議員のプライベートな問題であり,議会内での取 材は自粛してもらいたい。 以上のような意見があり,今後議会として特段の対応はしないことを確認した。

次回の代表者会議は,たけしげ議員の対応について協議を行うため,8月8日(火) に行うこととした。

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年7月 | トップページ | 2017年9月 »